メニュー
ページトップへ
事業内容
HOME >  事業内容について >  医薬香粧品分析事業 >  医薬品分析

医薬品分析

独自のノウハウを駆使し、ジェネリック医薬品を中心とした医薬品の開発を支援

近年ニーズの高まっているジェネリック医薬品を中心に、生体試料に含まれる有効成分の分析を行っています。独自のノウハウを生かした自社開発の分析法により、医薬品メーカーより受託した生体試料中濃度測定等を行い、高度で精密な分析を実施。開発品の申請を円滑に進めていただけるよう正確、迅速に検査データをご提供します。

次期開発品を見据えた分析法を研究・開発

次期開発品を見据えた分析法を研究・開発

常に医薬品の特許情報を収集しながら、今後開発の見込まれるジェネリック医薬品のための分析法の研究・開発にいち早く着手。製薬会社へのご提案を行い、開発ニーズにタイムリーにお応えしています。

生物学的同等性試験(BE試験)・DPK試験に関わる分析

LC-MS/MSによる高感度分析をはじめ、HPLC、GC-MSを用いた各種試験を実施します。

■受託業務内容
分析法確立
バリデーション試験
検体測定(ヒト血漿など)
同等性解析
■実施体制

信頼性基準
■使用機器
LC-MS/MS

生体試料に含まれる有効成分の分析

分析対象

■ 分析対象   ・血漿 ・尿 ・角層 など

試験実施の流れ

  • お問い合わせ
    試験のご依頼は問合せフォーム、電話、FAXにてお伺いいたします。
  • 秘密保持契約
    試験内容を確認させていただくため、試験情報を開示していただきます。
  • 見積書作成
    ご依頼の内容に基づき、見積書を提出いたします。
  • 契約書の締結
    試験内容、実施期間、費用等をご承諾いただいた後、契約させていただきます。
  • 試験計画書の作成
    試験責任者が打ち合わせをさせていただいた上、「試験計画書」を作成いたします。
  • 試験の実施
    「試験計画書」及び「標準操作手順書」に従い、試験を実施いたします。
  • 最終報告書の作成
    報告書の内容を確認いただいた後に「最終報告書」としてご提出いたします。
  • 資料保存
    試験で得られた生データ等の試験関係資料は責任を持って保存いたします。
試験のご依頼、お問合せはこちらから
お問い合わせ

TEL 06-6995-2680
FAX 06-6995-2681

医薬品分析主要分析装置

■LC/MS/MS
エービー・サイエックスAPI4000、
および4000QTRAP
■4000QTRAP
■HPLC(PDA・蛍光(RF)・(RID)システム
島津製作所LC-10A,LC-20
■HPLC(PDA・蛍光(RF)・(RID)システム

医薬香粧品分析事業
その他のコンテンツ


株式会社日本医学臨床検査研究所は
みらかグループの一員です。