メニュー
ページトップへ
ニュース&トピックス
HOME >  新規受託開始のお知らせ(LD IFCC、ALP IFCC )

新規受託開始のお知らせ(LD IFCC、ALP IFCC )


     


    PDFのダウンロードはこちら → “お知らせPDF”


     

                                      NR31032新規
                                      2020年3月


     

       新規受託開始のお知らせ


     

     謹啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。日頃は格別のお引き立て
    を賜り厚くお礼申し上げます。
     この度、下記の検査項目を新たに受託開始いたしますので、謹んでお知らせ申し
    上げます。
     先生方には何卒ご利用いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。


     

                                        謹白


     

                    記

    ■受託開始日及び検査項目

     2020年 3月 28日(土) ご依頼分より開始

      項目

      コード

      検査項目

      検体量

      (mL)

      容器

      保存

      方法

      所要

      日数

      実施料

      判断料

      検査

      方法

      基準値

      (単位)

      0668

      LDLDH

      IFCC

      血液2.0

      血清0.5

      冷蔵

      35

      11

      生Ⅰ※

      IFCC

      標準化

      対応法

      124222

      U/L

      0669

      アルカリ
      フォスファターゼ

      ALPIFCC

      血液2.0

      血清0.5

      冷蔵

      35

      11

      生Ⅰ※

      IFCC

      標準化

      対応法

      38113

      U/L

                                             ※生化学的検査(Ⅰ)判断料


       

      LD(LDH)及びアルカリフォスファターゼは、国内ではこれまで日本臨床化学会(JSCC)
      が定めたJSCC法が用いられていました。一方、海外では国際臨床化学連合(IFCC)
      が基本測定操作法を定めており、国際的な標準化が進んでいます。
      国際的な治験などにおいて、LD(LDH)では、JSCC法はアイソザイムのLD5が相対的に
      高く測定され、ALPでは、JSCC法はIFCC法の約3倍近い活性を示すことに加え、
      各アイソザイムに対する反応性の違いにより、国内と海外で測定値が異なっておりました。
      日本臨床化学会より発表された常用標準法をIFCC法に変更する基本方針に基づき、IFCC法
      に準拠した本項目を新規受託開始いたします。


       

                                           以上


       

      検査のご依頼に関するご不明な点やご要望等につきましては、弊社営業担当、
      または学術インフォメーションまでお問い合わせ下さい。TEL:075-631-6230


    株式会社日本医学臨床検査研究所は
    みらかグループの一員です。